脳活性化プリント

こちらに掲載されている脳トレプリントはご自由にお使いください。

テレビを捨てて分かったこと

こんばんは。

砂糖摂取を辞めて元気ぴんぴんな古村です。

 

さて私実はテレビを持っておりません。

昨年、引っ越す際に

NHKに払うお金がもったいなくて

手放してしまいました。

 

よく「寂しくないの?」

とか言われますが、

ネットと本さえあれば寂しいなんてことは

ありません。

友達が近くにいないことの方がずっと寂しいです(笑)

 

さて、テレビを手放した僕もたまに

サウナとかでテレビを見るのですが、

たまにテレビを見るといくつか発見があります。

それを今から述べますね。

時間泥棒すぎる

特にクイズ番組とかでは正解が出るまで

時間がかかりすぎです。

 

私が前述した「今から述べますね」

のあとにテレビであれば3分は経っていたことでしょう。

 

いまどきyoutubeやニュース記事など

どんどん先を見ることに慣れている

現代人がテレビから離れるのも無理はないと

思います。

 

ソースがあいまいすぎる

以前、テレビのニュースを見ていた頃には

なんとも思わなかったのですが、

よく出てくる関係者の話の関係者って誰やねん

って突っ込みたくなります。

 

久しぶりに見たら怪しくて怪しくて

仕方ないです。

 

本当に実在しているのかも謎です。

 

ニュースがネガティブすぎる

もっと良いニュースもあるはずなのに

どうでも良いバッシングばかり垂れ流している気がします。

 

有罪判決が下ったならまだしも

離婚やら不倫やらであそこまでするかというくらい

叩いています。

ずっとニュース見ていると鬱になりそうですね。

 

 

 

子どもの頃は本当に面白かった記憶があるテレビ。

あの頃のテレビはもはや記憶の片隅にしか残っていないでしょう。