脳活性化プリント

こちらに掲載されている脳トレプリントはご自由にお使いください。

メモの魔力

僕は今でこそメモをたくさん取りますが、

学生時代、メモはあまり取らない人間でした。

 

なぜか線引いたり、メモ取るのはかっこ悪いと思っている自分がいました。

あの頃の自分を殴りたいです。

 

メモの魔力が学生時代に発売され、

読んでいたら絶対メモ魔になっていたことと

思います。

 

ではメモにはどんな良いことがあるのでしょうか?

 

メモの魔力に載ってたものをいくつか紹介します。

 

①アイデアを生み出せるようになる

 頭の中を専有するものをアウトプットすることによって

 頭の中に空きが出来、知的生産性を高める事ができます。

 

 知的生産性が上がることで独創的なアイデアの創出が行いやすくなります。

 

②情報を素通りしなくなる

 私たちは思っている以上に情報を素通りしています。

 相手が3つ大事な話をしたとしてもそのうちの1つしかキャッチ出来ていない

 ということが多々あるのです。

 

 しかし、きちんとメモを取る習慣を取ることで

 アンテナの本数が増えて情報を漏らさずに

 キャッチ出来るようになります。

 

③相手のより深い話を聞き出せる

 メモを取ることで真剣さが相手に伝わり、

 相手も真剣に答えてくれるようになります。

 

言語化能力の向上

 メモを取るということは言葉にせねばならぬ

 ということを意味します。

 

 言葉にしてアウトプットせねばなりません。

 

 言語化の強制により否が応でもその能力が高まっていきます。

 

 

 

 

こんなにも素晴らしいメモ。

勉強会でも臨床でもメモりまくっていきたいです。