脳活性化プリント

こちらに掲載されている脳トレプリントはご自由にお使いください。

1年間ダイエットして得た2つの気付き

この1年間ダイエットを頑張ってみて
①ダイエット法は変えないといけない
②仲間の大切さ
の2つのことを学んだのでシェアしていきたい。


僕は今年の1月の体重は80キロだった。

しかし、6月に結婚式で久しぶりに会う友達がいたので、昔の姿で会いたいと思いダイエットを決意した。
目標は1ヶ月で1キロ減、1年で12キロ減(68キロ)とした。
最大73キロまで痩せたが、今はリバウンドして75.6キロほどだ。


目標には届かなかったが少しは痩せることは出来た!そこは自分を褒めたい。しかし、来年には目標の体重に達することの出来るように今年得た気付きを書く。


①ダイエット法は変えないといけない
僕が今年主にやったダイエット法は体重を毎日書くというダイエットだ。体重を書くことで食事のときもダイエットを意識して少な目に食べるようになった。


しかし、途中で飽きがきてあまり意識することもなくなってしまった。本にも書いてあったが、どんなに良いダイエット法でも飽きが来るという。
来年は期間を決めてダイエットに取り組みたい。


②仲間の大切さ
やはり人間の気持ちには波がある。
僕も例外ではなく、気持ちはよく揺れ動き、
ストレスを感じたときは食べ物で発散したくなる。
こんなとき、同じくダイエットを頑張る仲間がいたら、思い留まることが出来たかもしれない。
また、仲間がいれば喜びを分かち合えたかもしれない。
今のところ、仲間はいないので、取り敢えずtwitterに毎日体重を載せていきたい。
いつかは良いパートナーが見つかることを信じて!

 


来年はダイエット法を定期的に変え、また体重をなるべくtwitterにアップして、68キロの自分に戻ってみせる‼️そして、ガチの仲間を求む!!